家族でゆっくり時間を過ごすのんびり北海道フェリーの旅

スポンサーリンク
新日本海フェリー北海道

飛行機を使えば
大阪から新千歳空港までは約2時間
羽田から新千歳空港までは約1時間30分

新幹線を使えば
東京から新函館北斗まで約4時間15分

フェリーだとこんな感じです。

【関西地区】
舞鶴ー小樽 20時間
敦賀ー苫小牧東港 20時間35分
敦賀ー苫小牧東港【新潟・秋田寄港便】31時間
【関東地区】
大洗ー苫小牧19時間15分
新潟ー小樽 16時間30分
新潟ー苫小牧東港 18時間15分

是非一度はフェリーでゆっくりと家族での旅の時間を過ごしてみてください。
フェリーで北海道に行くには12時間以上はたっぷりと掛かります。
家族と過ごす時間が幸せだということをゆっくりと感じてみて下さい。

スポンサーリンク

フェリー乗り場まで家族でのんびり行くアクセス方法

フェリーでの旅の魅力は時間です。

会社や自宅で【のんびり過ごしたい】といっていませんか???

フェリーの旅では【のんびり過ごす】これが出来る場所です。

フェリーの旅は【日常の生活とは真逆の行動】をします。

フェリーの旅は自宅を出る時からゆっくりできます。
関西地域にお住まいに方【舞鶴からの乗船】をおすすめします。

舞鶴のフェリーターミナルに【23時】までに着けばいいからです。
舞鶴発が23時50分
【約20時間】
小樽着が20時45分
自宅を出るのはゆっくりで大丈夫です。
【大阪難波OCATバスターミナルから舞鶴フェリーターミナル行】
大阪難波OCATバスターミナル 出発が20時30分
舞鶴フェリーターミナル到着22時10分

【神戸三宮バスターミナルから舞鶴フェリーターミナル行き】
神戸三宮バスターミナル出発20時00分
舞鶴フェリーターミナル到着22時10分

どうですか!!
普段の旅行と比べて!!
家を出るのは夕方でも十分間に合います。

旅行といえば朝早くから出る方が多いと思います。
フェリーの旅は【真逆の行動】ですよ(笑)

【関東地区】
東京にお住いの方は大洗から苫小牧行のフェリーが出ています。
大洗発19:45分
17時間45分
苫小牧着13時30分

大洗発01:45分
18時間
苫小牧着19:45分

「月曜日から土曜日運航」
敦賀発9時30分
【31時間】*途中【新潟・秋田寄港】
苫小牧東港着16時45分(翌々日)

敦賀発23時55分
【20時間】
苫小牧東港着20時30分

新潟発22時30分
【18時間15分】
苫小牧東港着16:45分

東京駅から水戸駅まで特急で約1時間30分
料金(特急料金込み)約4千円
水戸駅からフェリーターミナルまでバスで約30分
バス代560円
大洗フェリーターミナルまでは2時間で行けますが
アクセスが非常に悪く最低でも【4時間ぐらい】
見ておかなくてはなりません

おすすめは遠く感じるかもしれませんが
【新潟経由】です

新潟フェリーターミナルに【21時30分】までに
着けばいいからです。

下記の時間の新幹線に乗れば余裕で間に合います。
東京発18時12分ー新潟20時12分
東京発18時52分ー新潟21時03分
新幹線代【指定席特急料金込み
【料金10、760円】
どちらかに乗れば大丈夫です。

新潟からフェリーターミナルまでは
タクシーで15分で着きます。
タクシー代は約2、000円ぐらいです。

料金は少し高くなりますが時間とアクセスを考えると
新潟がおススメです。

家族でのんびり過ごす新日本海フェリー船舶の紹介

私はこの新日本海フェリーでのんびりと過ごすのが好きで
おそらく10回ぐらいは乗船しています。

本当にのんびり過ごせます!!
むしろのんびり過ごすしかありません(笑)
それがフェリーの醍醐味です。

新日本海フェリーは全部で8つの船舶があります。

【航路】舞鶴から小樽
【はまなす】【あかしあ】
長距離フェリーとしては国内最大級の大きさと速度で運航しているフェリーです。

新日本海フェリー1
はまなす
旅客定員746名
全長224.8m
総トン数16.897トン
航海速力30.5ノット(56㎞/時)
車両積積載台数トラック158台・乗用車65台
はまなす/あかしあ

【航路】敦賀から苫小牧東港
【すずらん】【すいせん】
露天風呂やドッグランまで備えているフェリーです。

新日本海フェリー2
すずらん
旅客定員613名
全長224.5m
総トン数17.400トン 
航海速力28ノット 約(51.8㎞/時)
車両積載台数トラック158台・乗用車58台 
すずらん/すいせん

【航路】新潟から小樽
【らべんだあ】【あざれあ】
最新の2017年デビューの2船でウィズペットルームやドッグランまで備えています。

新日本海フェリー3
あざれあ
旅客定員600名
全長197.5m
総トン数14.214トン
航海速力25ノット 約(46.30㎞/時)
車両積載台数トラック150台・乗用車22台
らべんだあ/あざれあ

【航路】敦賀から苫小牧東港【新潟と秋田】経由
【らいらっく】【ゆうかり】
福井県の敦賀港、新潟港、秋田港、北海道の苫小牧を繋ぐフェリーです。
デイクルーズで素敵なランチや家族との時間をゆっくり過ごせます。

新日本海フェリー4
らいらっく船
旅客定員846名
全長199.9m
総トン数18.229トン
航海速力22.7ノット  約(42㎞/時)
車両積載台数トラック146台・乗用車58台
らいらっく/ゆうかり

どうですか!!
この迫力!!
この船を目の前で見るとあまりの大きさにビックリしますよ。

家族で過ごすのに最適・豪華フェリー船内ご紹介!!

新日本海フェリーは長距離フェリーの中では群を抜いて豪華です。

海外を寄港する豪華客船には勝てませんが
お客様を感動させる新日本海フェリーの豪華船内を見てください。
子供の心には【感動と驚き】が刻まれるはずです!!

【航路】福井県敦賀から【新潟・秋田】経由北海道苫小牧東港行きの船
【らいらっく】【ゆうかり】の船内をご紹介します。
このフェリーは寄港便で敦賀を9時30分に出航
新潟港21時30分着・22時30分発
秋田港翌日5時05分着6時15分発
苫小牧東港に16時45分着のフェリーです。

敦賀発23時55分
苫小牧東港翌日20時30分着もあります。

子供に豪華なおおきな船を目の前でみせてあげると驚きますよ。
乗船すればまるでホテルの中にいるみたいでさらに
子供が驚く姿に幸せを感じるはずです。

フェリーターミナルで乗船するまでの間もワクワクが止まりません。

新日本海フェリー5
新潟フェリーターミナル

フェリーターミナルよりフェリーの方が圧倒的に大きいのです!!

フェリーターミナルの中には売店やレストランもあります。
おすすめの時間の潰し方は
フェリーターミナルの中では無くフェリーターミナルの外です。

家族の方はフェリーの大きさを実感してください。
フェリーに乗船する前に
子供はフェリーの大きさに必ず感動します。

夜のフェリーターミナル
夜のフェリーターミナル

乗船は約50分前から出来ます。
徒歩で乗船すると3階のエントランスに出ます。
3階から5階が自由に探検できる場所になります。
1階から2階は車両甲板です。

3階のエントランスがフェリーの旅を盛り上げてくれます。
まずはエントランスに案内所があるのでお部屋の鍵を貰います。

ライラックエントランス
ライラックエントランス

乗船するとまずフェリーの中にいるのを忘れてしまいます。
乗船した瞬間、何処かのホテルに来た感じがします。

部屋のタイプも昔ながらの大部屋タイプ(相部屋)からスイート部屋まで多数あります。

家族でご利用の方は
ステートB和室・ステートB4名・デラックスB和室がおススメです。

ライラックB和室
ライラックB和室

このフェリー【ライラック】は3階から5階の3フロア構成です。
3階は一人旅や相部屋でもよい方向けの部屋になります。

4階と5階は個室の部屋になっています。

船内には
【レストラン】【グリル】【カフェショップ】【大浴場】
【フォーワードサロン】【プロムナード】【デッキ】
【オープンデッキ】【コンファレンスルーム】
【チルドレンルーム】【スポーツコーナー】 【ゲームコーナー】
【売店・お土産】【自販機コーナー】など多数あります。

【フェリーの船内施設の営業時間は決まっています】

【レストラン】
新日本海フェリーのレストランは大変リーズナブルで気軽に食べれる
メニューが多くおすすめです
子供からお年寄りまで食べれるメニューが多いです。

【朝食8時から9時】
和洋食揃った朝食は大変リーズナブルでお得です。
【一番高くて千円です】

【昼食12時から13時】
カレーライスやラーメン、ソバなど多数あります

【夕食18時から19時】
ちょっと贅沢に【北海道のロースステーキ定食
これが一番高いメニューで2000円です!!
ほんとにリーズナブルです。

らいらっくレストラン
らいらっくレストラン

【記念日などに最適なグリル】

こちらは本格的なクルージングランチ・ディナーが召し上がれます。
本格的なコース料理で旬のお料理が召し上がれます。
オーセントホテル小樽監修のお料理です。
完全予約制・期間限定で4月~10月限定です。

グリル
グリル

【大浴場】

8時から0時30分(1日目)
8時から18時(2日目)

新潟から乗船しても入れる大浴場です。
2日目は朝8時から海を見ながらのんびりと過ごすお風呂は最高です。
外は青い海しかないですがずっと眺めていたくなります。

らいらっく風呂
らいらっく大浴場

【フォワードサロン】

ここに座ると不思議とずっと海を眺めていられます。
ずっと続く青い海しか無いのに不思議です。
4階前方に位置するフォワードサロンは飲食禁止です。

フォワードサロン
フォワードサロン

【売店・お土産】

船上で必要な日用品から、オリジナルグッズ、寄港地の工芸品
やお土産など品数は大変豊富です。
子供が大好きなぬいぐるみや玩具なども豊富です。
お菓子やジュース、お酒も沢山あります。

ライラック売店
らいらっく売店

【自販機コーナー】

ドリンクからアルコールはもちろん
アイスクリーム、軽食、カップラーメンまであります。
小腹が空いたときは非常に助かります。

ライラック自販機
ライラック自販機

【ゲームコーナ】

UFOキャッチャーやTVゲームなどあり
小さな子供から大人まで楽しめます。
フェリーの旅は長時間なので使いすぎには注意です。

ライラックゲームコーナー
ゲームコーナー

【オープンデッキ】

風が強い日は出られませんがここからの景色は最高です。
私も大好きな場所で2時間ぐらいは眺めています。

タカブログ
タカブログ

フェリーに当たる波しぶきをずっと眺めたくなるのです。

私だけかもしれませんが不思議です。

オープンデッキ
オープンデッキ
オープンデッキサイド
オープンデッキサイド

まだまだありますが多すぎて紹介しきれませんが代表的な場所をご紹介しました。

フェリーの旅は長時間です。
フェリーの中をのんびりと探索してみてください。

子供の笑顔があふれるフェリーの旅が出来ると思います。

新日本海フェリーは天気と波に注意!!

新日本海フェリーは名前の通り日本海を航行します。

冬の日本海といえば荒波でも有名です。

私は10回ぐらい乗船していますが一度だけ時化(荒れた海)を経験しました。

この時は新潟から乗船したのですが港を出港して
1時間ぐらいしたら船は大揺れでした!!

もちろんオープンデッキも閉鎖されていました。

時化の時は要注意です。

今はフェリーも進化していて
新日本海フェリーは揺れない船として有名なので大丈夫だと思います。

新日本海フェリーは料金がリーズナブル

新日本海フェリーは乗船したことがある方はご存じかもしれませんが
料金が非常にリーズナブルです。

理由は大型トラック利用者が新日本海フェリーをよく利用してくれるからです。
トラック運転手の方にとっても大変助かるフェリーです。

私たちも安く利用でき大変助かります。

料金はこんな感じです!!
(大人1人料金)

【ツーリストB】
敦賀から苫小牧東港【料金10,900円】
新潟から苫小牧東港【料金7,300円】

家族向け個室でもこの値段です。
【ステートB和室】
敦賀から苫小牧東港【料金21,200円】
新潟から苫小牧東港【料金14,400円】

【デラックスステートB和室】「バス・トイレ付
敦賀から苫小牧東港【料金28,600円】
新潟から苫小牧東港【料金21,600円】

長距離フェリーの旅は高いというイメージがありますが
この値段で豪華船旅が味わえます。

是非一度体験してみてください。

家族でのんびり過ごす新日本海フェリー北海道の旅まとめ

新日本海フェリー【らいらっく/ゆうかり】でのんびり過ごす

いかがでしたか???

新日本海フェリー敦賀から苫小牧東港行き(新潟・秋田寄港)

敦賀から31時間かけて苫小牧東港に行く長距離フェリーです。

トラック運転手や一人旅をする方、家族旅行をする方など

沢山の方が利用する新日本海フェリー

長時間の船旅は【今までの生き方】【これからの生き方】
などを海を見ながらゆっくりと
見つめ直す時間が作れます。

【のんびり過ごせる場所】長距離フェリーの醍醐味です。

普段の生活の忙しさが嘘のように時がのんびりと流れます。

普段忙しい【お父さんやお母さん】は子供とゆっくりと過ごせる
不思議な空間です。

子供と思いっきり過ごしてくださいね。

苫小牧東港に着きフェリーを下船したら
面白い現象が少しだけ味わえます。

子供にその場で真っすぐ立たせてみてください。
フェリーの中にいるような心地よい揺れが味わえますよ。

【北海道おすすめお取り寄せグルメご紹介】

北海道小樽の代表スイーツ店よりお取り寄せ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
北海道の小樽洋菓子舗《LeTAO》ルタオ
年間累計300万個販売!有名TV番組などで多数メディアで
紹介されたLeTAOのチーズケーキ『ドゥーブルフロマージュ』

北海道スイーツ 北海道スイーツ 北海道スイーツ 北海道スイーツ ラーメンお取り寄せ ラーメンお取り寄せ カニお取り寄せ カニお取り寄せ カニお取り寄せ カニお取り寄せ

姉妹サイト【日本の旅とお取り寄せ情報の旅食】

コチラも【旅情報からお取り寄せグルメ】情報を
多数ご紹介しています!!
是非ご覧ください。

北海道
スポンサーリンク
タカブログをフォローする
日本の旅行と観光地方問題をブログで紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました