年末年始家族で食べるごちそうメニュー

スポンサーリンク
2022年お正月年末年始お取り寄せ

年末年始、家族で食べるメニューはいつもより
少しごちそうが並びます。

1年の締めくくりと1年の始まりを祝う日本伝統の行事です。

年末年始、家族みんなで食べる料理の代表は
年末の年越し蕎麦、年始のおせち料理です。

スポンサーリンク

年末に家族で食べるごちそう年越し蕎麦

今年最後に食べるごちそうといえば【年越し蕎麦】
美味しいお蕎麦を食べて新年を迎えましょう。

日本人は文化や伝統を大切にします。
普段はあまり気にしませんが大晦日には【年越し蕎麦】を食べ1年を締めくくります。

大晦日に食べる年越し蕎麦!!
どうして食べるの??
実は詳しく知らない方が多いのではないでしょうか。

大晦日の食べ物の伝統といえば【年越し蕎麦】です。

年越しそばを食べる意味

年越し蕎麦は長寿や健康を願った縁起物です
【来年も細く長く幸せに暮らせるように】
という意味があります。

またお蕎麦が切れやすいことにちなんで
【今年1年の災厄を断ち切る】
という意味があります。

年越し蕎麦は大晦日の夕飯に食べられる事が多いですが
【年を越す】という意味を考えれば夜10時ぐらいが良いとされています。

年越し蕎麦は決して年をまたいで食べないでください。
年を越す前、新年が明ける前までに食べきってください。

先ほども言いましたが
【今年1年の災厄を断ち切る】 という意味があります。
年をまたいで食べると去年の災厄を持ち越す事になるので気を付けてください。

地方によっては食べ方が違ったり、別のものを食べる地方もあります。

有名なのは
香川県の蕎麦の代わりに年越しうどん
沖縄県の沖縄そばを食べるなどがあります。

お蕎麦お蕎麦

年始に家族で食べるごちそう、おせち料理

新年(年始)に家族で食べるごちそうといえば
おせち料理です

おせち料理は【年神様】にお供えをし、年神様と一緒に食べる事で【家族の繁栄】【幸せを祈る】新年最初の行事です。

おせち料理を詰める重箱は【めでたさを重ねる】という意味があります。

おせち料理の基本は【5段重】です。
最近は大家族で囲むことが少なくなり【3段重】のおせちが増えてきています。

5段重の基本

一の重【祝い肴】や【口取り】祝い肴は酒の肴の事です。
口取りとは伊達巻や栗金団など甘く煮たものを言います。
二の重【海の幸の焼き物】海老、鯛、鰤(ブリ)など
海老は腰が曲がるまで長く生きるは語呂合わせでめでたい
ブリは出世魚、出世を願う
三の重【箸休め】酢の物、紅白なます、コハダ漬けなど
与の重四の重とは言いません。数字の四は死を連想することから
縁起が悪いのでを使います。
【山の幸煮物】
五の重空っぽにします。
年神様から授かった福を詰めるためです。
おせち五段重意味

2022年家族で最初に食べるごちそうです。

10月頃になるとおせち料理の予約が始まります。
早めの予約をすると大変お得です。
早割や超早割などを行っている有名店が多数あります。

年始に食べるごちそうおせち早割でお得に予約

練り物メーカーでおなじみ【紀文】

お正月が近づくとTVのCMでもよく見かけます。

【紀文】の練物は皆さんも一度は食べたことがあると思います。

老舗の味、伝統の味はもちろん

和風おせち、洋風おせち
子供に人気のキャラクターおせちなど沢山あります。

紀文おせち予約 紀文おせち予約 おせち予約 おせち予約

キャラクターおせちお値段が10,800円
2022年限定のデザインで新年にふさわしい華やかな重箱です。
子供に大人気です。

おせち予約おせち予約おせち予約おせち予約

世界料理オリンピックで銅メダルを受賞したシェフが作るおせち

全部で三段重ですが一の重は
フレンチシェフ【村上 元彦】氏がひとつひとつのお料理を調理してくれます。

有名ホテル総料理長を歴任、TVにも多数出演し料理コンテストも多数受賞している方です。

早期早割は11月30日までの予定ですが数量限定なので早めの予約がおススメです。

おせち予約 おせち予約

【料亭のおせち】【生おせち】【豪華おせち】が勢ぞろい
完売品が多数出ているおせち料理の予約サイト

おせち予約おせち予約

大変人気で売り切れ続出!!
早めに予約することをおすすめします。

年末年始に家族食べるごちそうすき焼き

年末年始はいつもより贅沢をして新年を祝いたくなります。
今年は特にコロナ渦などもあり贅沢な食べ物を自宅で食べる傾向にあります。

家族でのんびり楽しく幸せに美味しいものを食べる。
新年にふさわしい最高の幸せです。

【すき焼き】この呼び名は関西地方の呼び名でした。
関東では【牛鍋】と呼んでいました。

すき焼きは京都で誕生した料理とされています。
畑仕事の合間に農作業で使う鋤(すき)の上で肉や野菜などを焼いたのが始まりとされています。
鋤(すき)の上で焼いた料理【すき焼き】と呼ぶようになったといわれています。

すき焼きの作り方にも【関西風】【関東風】などがあります。
地方によっても作り方が違うようで
米沢牛の故郷、置賜地方では独自のすき焼きの作り方があります。

【関西風】すき焼きとは
関西風のすき焼きでは割り下は使いません。
この時点で関東の方は驚きです。

関西風のすき焼きはまずはお肉から入れます。
少し焼けたところに【砂糖】【醤油】で味付けをし、水分の多い野菜から順番に入れ火が通ったら卵をつけて食べるのが一般的です。

【関東風】すき焼きとは
関西風とは違い始めに割り下を作ります。【醤油】【砂糖】【みりん】
などで割り下を作りお肉と野菜を一緒に煮込みます。
煮えたら完成で卵をつけて食べます・

米沢牛の故郷置賜地方のすき焼き
置賜地方のすき焼きは野菜や豆腐、シラタキなどの材料を先に入れます。
最後に牛肉を広げ野菜を覆うように入れます。
牛肉で野菜にフタをして、割り下を加え、野菜の蒸気で牛肉に火が通れば完成です。
食べる時には牛肉を割り下にくぐらせ、卵をつけて食べます。

米沢牛お取り寄せ米沢牛お取り寄せ米沢牛お取り寄せ米沢牛お取り寄せ

ここは日本を代表する三大和牛を扱っているお店です。

お肉お取り寄せ お肉お取り寄せお肉お取り寄せお肉お取り寄せ

年末年始は気分も気持ちも変わり新年をお祝いします。
家族で新年ごちそうを食べ幸せな一年を過ごしましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました