青森県の霊場恐山めぐり三途の川の先の地獄と天国

スポンサーリンク
恐山青森県

死者の魂が集まる霊場
日本三大霊場の一つ【恐山

恐山
恐山

日本三大霊場とは青森県【恐山】
和歌山高野山、滋賀県比叡山です。

実は【恐山】という山は実在しません。

恐山は青森県下北半島の中央部に位置する活火山で
宇曽利山湖(うそりやまこ)というカルデラ湖の
湖畔には恐山菩提寺があります。
正式名称は宇曽利山湖ですが宇曽利湖(うそりこ)
とも呼ばれています。

恐山とは宇曽利湖を中心に8峰の外輪山
【釜臥山】【大尽山】【小尽山】【北国山】
【屏風山】【剣の山】【地蔵山】【鶏頭山】
からなる総称です。

恐山とは曹洞宗の恐山菩提寺の境内にある
恐山霊場を一般的にいいます。

【アクセス】

JR大湊線:下北駅からバスで約50分
5月から10月が観光の時期です。
注:冬季は閉山しています。

恐山周辺ホテルランキング宿泊予約
スポンサーリンク

青森県下北半島むつ市にある霊場恐山の歴史

恐山菩提寺とは今から1200年前に
慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)様
によって開かれた霊場です。

中国で修行中の時代に夢のお告げがあり、
色々な国々に教えを説き、最後にこの地に
たどり着いたといわれています。

この地を見た円仁さまは周りを囲む八峰を巡り
その形「あたかも花開く八葉の蓮華」とたとえ
火山ガスの噴出する岩肌を地獄
宇曾利湖の白砂の浜を極楽
とたとえ、千年以上人は死ねばお山に行く
という信仰と祈りを伝えています。

円仁さまは地蔵菩薩を一体彫りご本尊と
しています。

行ったことは無くても【恐山】という名前を
知っている方は多いと思います。

恐山に観光で行く方は恐山菩提寺の事
を指していると思って良いと思います。


三途の川がある霊場恐山菩提寺の入口ご紹介

【人が無くなれば山【恐山】に集まる】

名前から想像すると怖いイメージが
あるかもしれませんがここへ行くと
純粋な心になる不思議なスポットです。

三途の川

三途の川
三途の川

恐山菩提寺の入口にある太鼓橋と【三途の川
人が死ねば必ず渡る橋と川といわれています。

この川を渡ればあの世と呼ばれる世界の入口です。
罪人には針のように細く見え、渡ることが出来ない
といわれています。

6大地蔵
六大地蔵

【総門】の入口駐車場左横には
六大地蔵が並んでいます。

仏教には六道輪廻という考えがあり6つの世界
で生まれ変わりを繰り返すといわれています。

六道とは
多くの善行を積んだものが行く【天道】
本能や欲望のまま生きたものが行く【鬼畜道】
競争心や自尊心を持つものが行く【修羅道】
悪行を積んだものが行く【地獄道】
富や権力に執着したものが行く【餓鬼道】
人の道からなる【人間道】

どの道を進んでも楽ではないが六大地蔵が
衆生の苦しみを救ってくれます。

それぞれ手に持つものが違い穏やかな表情で
見守ってくれています。

恐山菩提寺天国と地獄を味わえる霊場

総門
菩提寺総門

恐山菩提寺の入口になる総門です。
ここから霊場恐山へ入山します。

【入山料は500円】です。

恐山の総門は【鬼門】といい
六大地蔵の力を借り現世から持ってきた憎しみや
悲しみ、邪心を払ってもらい死者の魂は
きれいな魂となって六道へ行くといわれています。

恐山菩提寺にある風車と石積みと温泉

山門
山門

恐山にはいたるところでこのように
風車や石積みが見られます。

山門前
山門前

間違っても【抜かない】でください。
間違っても【壊さない】でください。

この風車や石積みはあの世のわが子が寂しくない
ようにお供えしているものです。

山門
山門から地蔵堂

山門手前左側には本堂があります。

本堂
本堂

内部には釈迦如来像が安置されています。

山門をくぐると霊場で入れる温泉があります。
恐山温泉
左側には
古滝の湯(男性)と冷抜の湯(女性)
右側には
薬師の湯(時間で男女入れ替え)
宿坊裏に
花染の湯(混浴)があります。

ものすごく熱い湯です。
強酸性泉なので肌もピリピリします。

入山料(500円)を払った参拝者は誰でも
利用できます。

恐山温泉

恐山温泉
恐山温泉
恐山温泉
恐山温泉

奉納された石灯篭の参道を進むとご本尊を
安置している【地蔵殿】に着きます。

参道

参道
参道

【本尊安置地蔵殿】

地蔵堂
地蔵殿

この地にたどり着いた円仁さまが彫った
地蔵菩薩がご本尊として納められています。

恐山めぐり地獄と賽の河原と天国宇曽利湖

地蔵殿の裏手から伸びる奥の院への参道
があります。

ここから【地獄】巡りが始まります。

ごつごつとした岩肌が印象的な無間地獄

あちこちから硫黄泉が湧出しており亜硫酸ガスで
岩肌が焼けた様子と匂い。

様々な名称と地獄、仏が並ぶ姿、異世界の体験
が味わえます。

【納骨塔】

納骨塔
納骨塔

地蔵殿を出て参道を進むと【納骨塔】があります。
この納骨塔は信者さんが分骨を納骨しています。

【無間地獄

無間地獄

まるで異世界の入口です。

地獄めぐりを終えた後、心が清々しい
暖かな気持ちになれます。

【延命地蔵】

延命地蔵
延命地蔵

霊場の一番高いところに居られます。
本尊が安置されている地蔵殿を向き
全ての魂を見守っている感じがします。

【みたま石】

御霊石
御霊石

【慈覚大師堂】

大師堂
大師堂

【千手観音】

千手観音
千手観音

【水子供養ご本尊】

水子供養
水子供養御本尊

水子は「すいじ」と読み戒名の下に付ける
位号の一つです。

あちこちで見られる風車は全部子供の供養のための
物です。

【八角円堂】

八角堂
八角堂

境内で一番西に位置する八角円堂
八角円堂の中には死者がいつ来ても良いように
家族を失った遺族の方が納めた服が入っています。

【賽の河原

賽の河原
賽の河原

【賽の河原「さいのかわら」】
子供が親より先に亡くなるとここで石積みをする所
だといわれています。
そこで子供たちは鬼にいじめられながら石を積み
続けるといわれています。
塔が完成する前に鬼が出てきて石を崩して
しまうため完成しません。
子供はこうして毎日苦しい苦行を繰り返しています

仏教では幼くして亡くなるというのは親を悲しませ
何より子孫を残せないという【最大の罪】
とされています。

極楽浜・宇曽利湖】

極楽浜
極楽浜
宇曾利湖
宇曽利山湖
極楽浜
極楽浜

東日本大震災慰霊塔もある極楽浜
白い砂と青い水、景色が大変美しく
本当に極楽天国を感じられます。


しかしここは霊場です。
砂浜には供養のための花やロウソク、風車、線香
などが立てられています。

【東日本大震災慰霊塔】

鎮魂
東日本大震災慰霊塔

2013年に出来た震災供養塔です。
極楽浜ほとりにあり多くの犠牲者が極楽浄土へ
誘うように建っています。
左に希望の鐘:右に鎮魂の鐘があります。
両方とも鳴らすことが出来ます。
華の裏には様々な手形(念じよう)があり
ます。

【五智如来】

五智如来
五智如来

密教で5つの知恵
「法界体性智・大円鏡智・平等性智・明観察知
成所作智」を5体の如来にあてはめたものです。

それぞれの仏様には特徴がありご利益が頂けます。

恐山風景

恐山
恐山
金掘地獄
金掘地獄
恐山
恐山
記念碑
記念碑

【人はみな それぞれ 悲しき過去持ちて
賽の河原に 小石積みたり】

青森県下北半島むつ市にある恐山のまとめ

恐山は怖い場所というイメージがある
かもしれませんが実は違います。

死者の魂が集まる霊場
日本三大霊場の一つ【恐山】

恐山はまさに誰もが死と向き合う場所です。
自分が正しく生きていれば【怖い】
とは感じません。

この世の苦しみを垣間見ることが出来る【恐山】
しかし苦しみから抜け出すヒントがもらえるのも
【恐山】です。

もし怖いと感じた場合でも恐山巡りを終えた後
心が温かい気持ちになるはずです。

温かい心を持ち自分が正しく生きていける様に
なれる場所こそ恐山の魅力です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました